Calendar
2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くまプー

Author:くまプー
'09年に結婚したての新米主婦です。

趣味:色々。インドアもアウトドアも好きです。
読書やゲームが大好きであり、キャンプや温泉、旅行も大好き。
お酒大好きでバーに行くのも好き☆
今度はスキューバーダイビングなんかもしたい~!!

所属:転勤族(><)

好きな音楽:BUMP OF CHICKEN
   ポルノグラフティ、椎名林檎 などなど

好きな作家:山田 詠美、東野 圭吾 などなど

同じ趣味の方や同じ境遇の方の(それ以外も)ブロとも&相リン大歓迎です☆

コメントなんかもいただけたら嬉しいです!
過去記事のコメントでも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

あぶログ

多趣味&転勤族。おススメものやお出かけ情報など自己満足で綴ってます☆

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.10 Sun 14:10
100回泣くこと (小学館文庫)100回泣くこと (小学館文庫)
(2007/11/06)
中村 航

商品詳細を見る


『100回泣くこと』ってことは泣ける本なのかなぁと思いきや・・泣けなかったです。

時折ぐっとくるところはありましたが。

以下ネタばれ有りなので苦手な方はご注意ください↓↓

飼っていた犬が死にそう・・から始まる物語。

てっきり犬の話かと思えば、愛する人の死についてのお話。

好きな人、恋人、夫婦の死の話って最近ありきたりなテーマな感じがする。

でも解説にも書いてあったように、愛する人の死は永遠に普遍的なテーマである
というのはよくわかる。

この本でイマイチ泣けなかったのは、全体的にキレイすぎる感じがするから。

彼女も主人公もすごく素敵でいいやつなキャラであるが故に、
何となく今ひとつ感情移入ができないんですよね

誓いの言葉のくだりとか、You→We、We→Youのエピソードとか
すごくいい表現だなぁとは思うんですけど。

なので、この本を読んでも泣けることはないけど、
愛する人の死を冷静に考えることができる。

どんなに好きでも、一緒にいても、ずっーと一緒にいることはできないんだよなぁ。

100回泣いたって、10000回泣いたって、時の流れは止められない。

今のうちに、生きているうちに愛する人を大切にしなきゃね
そう思わせてくれる本でした。



スポンサーサイト
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © あぶログ All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。